MENU

我が家の事情にはマンションのメリットが最適です。

マイホームを手に入れるなら、我が家は完全なるマンション派です。と言うのも、主人が転勤族なので、マイホームを購入するとしたら定年が近くなってからのことになります。

 

その年齢から一戸建てに住むメリットをあまり感じないし、金銭的な面から見ても、土地代のぶん高い買い物となってしまうからです。定年近く、あるいは定年後からローンを組むとしたら、少しでも安い買い物にしたいというのが本音です。

 

それに私たち夫婦は根っからの旅好きで、定年後は海外にロングステイしたり、長い船旅に出る計画を立てています。今はお互いそれを楽しみに一生懸命働いているところです。

 

よって長期間家を空けることが多くなり、一戸建てだとその間の管理にどうしても不安が残ります。

 

しかしマンションなら管理人もいるし、万一留守中に災害等があったとしても、誰かと連絡がつくというのは心強いことです。セキュリティ面ではマンションの圧勝ではないでしょうか。

 

もし私たちに子どもがいれば、一戸建てのほうにメリットを多く感じたかもしれません。しかし夫婦二人きりには反って寂しく感じます。

 

マイペースに暮らせる戸建てにも魅力はありますが、今は独立性の高いマンションが増えており、十分です。景観と日当たりの良い高機能マンションで快適に暮らしつつ、そこを拠点にあちこちに旅に出るのが理想です。

 

住んでいて身軽に動けること、また売却のしやすさを考慮しても、やはりマンション派になる理由しか見えてこないという状況です。